給与比較

内科とひとくくりに言っても、専門科目・スキル・勤務エリア・勤務施設によって、給与は千差万別です。

一般的に、研修医の段階では300~500万円程度の年収ですので、サラリーマンの方々とあまり大差がありませんが、研修医終了後、大学病院の医局に残るか、或いは医局を離れて市中病院で勤務されるかによって、将来に大きな差が出てまいります。

大学病院に比べて、市中病院の方が将来的には給与が高く、年収200~300万円ぐらいの開きが出てきます。

収入だけを比較した場合は、市中病院の方が有利となりますが、大学病院の方が”高度専門医療に携わりスキルアップしやすい環境””将来の人脈を築きやすい環境””大学病院というステータス”などのメリットもありますので、ご転職にあたっては、給与だけではなく様々な角度からご検討いただく必要があるかと思います。

とはいえ、そもそも、実際に今の給与が一般的な水準と比較して高いのか?低いのか?或いは、相場なのか?
現在の生活スタイルを維持する為、或いは、より良い生活スタイルを築く為には、給与はご決断をされる上での大きな要因になるものと思いますが、判断が難しいところかと思います。

こちらのページでは、常勤、非常勤(アルバイト)別に給与を比較しております。ご転職先、或いは非常勤先(アルバイト先)を探される上での参考にしていただければと思います。
尚、あくまでも弊社調べの情報でございますので、実際の正確なデータに基づいて算出したものとは異なります事、ご了承下さい。

転職(常勤)の平均年収比較

専門科目 経験5年 経験10年
内科系 900~1,200万円 1,300~1,500万円
外科系 1,000~1,200万円 1,400~1,800万円
精神科系 1,000~1,400万円 1,400~1,800万円
産婦人科 1,000~1,300万円 1,500~2,000万円
小児科 1,000~1,200万円 1,300~1,500万円
麻酔科 1,000~1,200万円 1,300~1,800万円

※それぞれ、各種専門医を取得していれば更に50~100万円程度プラスされます。

各専門科目や大学病院なのか市中病院(クリニック含)なのかによって違いがございます。
弊社のような人材紹介会社がご紹介できる求人は概ね市中病院やクリニックになってまいりますので、市中病院・クリニックにおける各専門科目を「内科系」「外科系」「精神科系」「産婦人科」「小児科」「麻酔科」の6つに分類し、概算の平均年収を記載させていただきました。

内科系へ転職の場合

内科系の転職における年収相場は、900万~1,500万円となります。

内科系の専門科目をお持ちの先生は、どこの病院・クリニックでも引く手あまたの状況です。
ですので、転職先を見つけることは容易ですが、それ程、高待遇が望めないというのが現状です。
特に内科系の先生の場合、多数の内科系の常勤医師が在籍しておりますので、その先生方との年齢やご経験、役職などのバランスを見て年収が決まってまいりますので、なかなか差をつけにくいといった状況です。

ただ、緊急度が高い場合や、医師不足が深刻な地域、院長・副院長などのポストであれば、年収1800万円以上の高待遇が期待出来る求人も見受けられます。

外科系へ転職の場合

外科系の転職における年収相場は、1,000万~1,800万円となります。

手術など外科チームとしての機能が重視される中、内科系に比べて求人数が圧倒的に少ないのが現状です。
その為、チームに溶け込みやすい若年層、若しくはスペシャリストを求める傾向が強く、他科に比べてスキルによって年収の差が大きいように見受けられます。

外科の先生の場合、先生の評判一つで医療機関の大きな収益にもつながりますので、そういった意味では、スキル如何で年収2000万円以上も期待出来ます。

精神科系へ転職の場合

精神科系の転職における年収相場は、1,000万~1,800万円となります。

病院に転職されるか、メンタルクリニックに転職されるかによって、年収は大きく違ってまいります。

入院機能を持つ病院の場合、他の先生方とのバランスや看護配置によるコメディカルへの人件費の問題などもあり、内科系と同様になかなか給与がUPしにくい現状があります。
それに比べてクリニックの場合、購入機材や人件費も少なく、比較的、早く収益を上げやすい科目になります。

クリニックへのご転職の場合、経験、年齢など問わず、年収1,800万円以上の高待遇なども期待できます。

産婦人科への転職の場合

産婦人科の転職における年収相場は、1,000万円~2,000万円となります。

産婦人科不足の現状から、他科に比べて年収は高めです。
医療過誤のリスクも高く、いつ緊急分娩や緊急オペが入るかわからない状況における精神的・肉体的な負担を考えると、当然なのかもしれません。
当直代を含めると、年収2500万円以上の高待遇求人も期待出来ます。

小児科への転職の場合

小児科の転職における年収相場は、1,000万円~1,500万円となります。

年収は他科と比較して相場と言えるでしょう。
特に小児救急を受けているような病院の場合、他科と比べて、かなり激務であり、休日出勤、夜間の対応も頻繁であり、かなり精神的、肉体的な負担が大きい科目といえるかもしれません。

少子化による患者数が減少している中、収益を上げにくい科目となっており、その為、早朝や夜間診療、救急対応への展開や、産婦人科を標榜する病院・クリニックとの連携構築により、収益を保つ努力が必要となっております。
結局のところ「少子化による収益減」→「早朝・夜間や救急対応による収益確保」→「激務による小児科医離れ」→「収益減少」と悪循環から脱出できず、小児外来の診療単価の見直しなどがなければ、給与が上がりにくい状況となっております。

麻酔科への転職の場合

麻酔科の転職における年収相場は、1,000万円~1,800万円となります。

年収は他科と比較して高めといえるでしょう。
感覚的には、産婦人科医に次いで高めです。
麻酔科医不足の状況から、特に地方病院では年収3500万円といった話も耳にします。

とはいえ、いくら年収が高くても、常にオンコール待機の状態であり、又、麻酔科医はオペのサポートといった位置づけにされてしまい、他の先生やコメディカル、或いは、患者様からも感謝の言葉もかけられず、モチベーションを保ちにくい科目です。
その為、年収に比べて、精神的・体力的な負担とモチベーションを保ちにくい科目かもしれません。

アルバイト(非常勤)の場合

働き方 給与 備考
日勤 80,000~100,000円/日 AM・PMのみの場合40,000円~60,000円
当直 40,000~60,000円/回

アルバイトは働き方(日勤・当直の区分)や仕事内容によって、給与に違いがございます。
ここでは大きく、昼間の仕事(日勤)、夜の仕事(当直)の二つに区分し記載させていただきました。

日勤の場合

外来/健診/内視鏡検査/訪問診療などのお仕事の場合、上記の相場観が目立ちます。
救急対応の場合、救急車台数やウォークインの人数などによっては、日給100,000円以上の給与も多くあります。

休憩時間を除いた実労働時間の時給が1万円が相場のため、1万円を超える場合は高待遇求人といえます。東京都内の求人よりも埼玉県、千葉県、茨城県内など他県の方が給与が高いケースもございます。
また、交通費は給与込み、一律1,000~3,000円、実費(上限~10,000円)など様々ですが、新幹線代や都心から離れている場合や駅から距離がある場合にはタクシー代を支給する病院もございますので、幅広くご検討されることをおすすめします。

高待遇案件を仕事内容別まとめてみましたので、是非クリックしてご覧ください(案件は随時更新されています)。

※「仕事内容別」の高待遇案件
外来の求人情報 内視鏡検査の求人情報 健診の求人情報
病棟管理の求人情報 透析管理の求人情報 訪問診療の求人情報
救急対応の求人情報

当直の場合

療養型病院・精神病院、或いは一般病院などの病棟管理のみの場合、1回40,000円が相場になります。
ハードな急性期病院などで救急車が引っ切り無しに来るような場合は、若干、上乗せされ50,000~70,000円の待遇の求人も珍しくありません。

また土日の当直、日当直は給与レンジが高くなるケースもございます。
ただ、アルバイト求人の選択基準は必ずしも給与だけではないかと思います。生活スタイルや常勤のお仕事をされている先生は、そのバランスも踏まえて選ばれるケースが多いです。

ここでも日勤と同様に「高待遇案件」を取りまとめてみましたので、ご参考までに是非チェックされてみてください。

※「日直」「日当直」の高待遇案件
当直求人情報
日当直の求人情報

全国の病院情報を閲覧できる内科医アルバイトJOB まずは登録してご希望のお仕事探しませんか「無料会員登録」

  • 検討中フォルダ
  • 内科医アルバイトJOBとは
  • よくあるご質問
  • 常勤・スポット希望者はこちら
  • 履歴書・職務経歴書
  • 採用ご担当者様はこちら
  • 内科医アルバイトJOB通信(メルマガ)

転職サポート

転職コンサルタント

内科医専門の転職コンサルタントからのメッセージ

履歴書講座

内科医の方向け履歴書・職務経歴書講座

給与比較

内科医の平均年収や非常勤の給与比較

専門医取得

内科分野の専門医について

保険のお話

医師国保と協会けんぽについて

確定申告のお話

アルバイトをしている医師はほぼ確定申告が必要です

このページのTOPへ戻る